2018/12/21 円高が加速するかも!?ドル円、ユーロ円売りシグナルが点灯しました。ユーロドルは買いシグナル点灯だ。

はじめに

ここでは、ドル円、ユーロドル、ユーロ円の3つの通貨ペアについて日足チャートを元にテクニカル分析を行っています。 トレードとしては、スイングトレードが適しているスタイルです。

分析における注意点は、 
通貨ペアの状況を3つのステージに分けて判断しているということです。

具体的には、次の3つです。

通貨ペアの状況は次の3つ
  1. 次のレンジ形成に向けた動き
  2. レンジ相場
  3. レンジブレイクでシグナルが点灯
チャートは、1→2→3と移行していきますし、3になればシグナルが点灯するわけですから、利益獲得のチャンスとなります。

そして、目標値を達成すると(シグナルが消灯となると)、再び、1のステージへと移行します。つまり、チャートは、1→2→3→1→2→3……と繰り返していると見てください。

では、これを踏まえて、本日の状況をご確認ください。

本日の見通し

本日は、ドル円、ユーロ円が売りシグナル点灯しました。ユーロドルは買いシグナル点灯です。

具体的な各通貨ペアの状況をご覧ください。

ドル円

ドル円は、今朝の時点で111.20円台となっています。
昨日は大きな円高になりましたね。

これまで、レンジの下値112.50円台を割れると、売りシグナルが点灯となり目標値111.70円台、第二目標値110.50円台を目指すと報告をしていました。

2018/12/20 ドル円ユーロ円は下値で耐えているも、円高に推移するなら、売りシグナルが点灯となる。

2018年12月20日

昨日は、112.50円台をしっかりと割れてきたことによって、目標値であった111.70円台を一気に捉え、しかも第二目標値までも届きそうな勢いで円高になりました。(昨日は一時110.80円台まで下げています)

今後の動きとしては、再び110円台に向かうかどうかがポイントとなります。

もしこのまま円高の流れが続くようですと、第二目標値である110.50円台を目指す可能性が高いと思いますので、本日の値動きに注目しましょう。

ユーロドル

ユーロドルは、今朝の時点で1.1450ドル台となっています。
昨日は上昇しましたね。

これにより、これまでのレンジ上値だった1.14ドル台前半を超えてきましたので、”買いシグナルが点灯”しました。

算出された目標値は、1.17ドル台後半です。

買いシグナル通りに上昇することを期待したい場面ですね。

とはいえ、シグナルが消灯する水準も意識はしておきたいです。その水準は、1.14ドル台を割れてきた時です。

その場合は、上昇の勢いが止まることになりますので、注意しましょう。

ユーロ円

ユーロ円は、今朝の時点で127.40円台となってます。
昨日は円高に推移しましたね。

この値動きにより、これまでのレンジの下値だった127円台後半をわれてきましたので、現在は、”売りシグナルが点灯”となりました。

算出された目標値は、123円台〜124円台です。(算出方法の関係で広めのターゲットとなりました)

目標値通りの下げを期待したいところですが、一点。ユーロドルが上昇の流れとなっていますので、その通りになると、ユーロ円もそれに引っ張られて上昇する可能性があります。

ですので、ユーロドルと合わせて状況を確認したいと思います。

仮に、128円台まで戻す上昇を見せるようですと、売りシグナルが消灯することになりますので、注意しましょう。

本日は米の経済指標の結果によっては、円高の流れが加速するかも!?
ツイッター拝借。

——–
トラリピが流行しているようですな。

それでは、僕のトラリピ”しくじり”を公開しましょう😢

【トラリピ失敗談】トラリピに失敗した僕が、忠告をしておきましょう。

2018年12月16日